身体に優しい避妊の為に使い続けたいもの

恋人と付き合い始めて直ぐの女性というのは、彼氏に嫌われようと必死になるあまりに無茶をする人も珍しくありません。
性行為をする際にもコンドームを着けるのが嫌だと言われたら、断る事が出来ずにアフターピルを頼ってしまうという方も居るものです。
最近では負担の少ないアフターピルなども増えてきているのですが、それでも負担を感じてしまう可能性もあります。
しかもアフターピルというのは身体に対する負担も大きいものは、短期間の内に何度も服用し続ける事は推奨されていません。
それでもコンドームを着けてほしいと恋人には言えず、嫌われたくないという一心で耐え続けているという方も居るのです。
そんな苦しみに耐え続けるよりも先に、アフターピルではなく低用量ピルと呼ばれる製品を試してみてください。
低用量ピルというのはアフターピルとは違い、性行為の直後に服用すれば良いというものではありません。
定期的に服用する事によって、排卵を抑えてくれるという作用を持っているのです。
そんな効果を持った低用量ピルを服用してみたいと思うのであれば、トリキュラーについて調べてみる事をおすすめします。
トリキュラーは女性の身体のホルモン分泌系に作用をして、排卵を抑えてくれるだけではありません。
子宮にも作用する事によって、子宮内に精子が入り込みにくくなる効果まで与えてくれます。
それに加えて受精卵の着床まで抑えてくれたりと、三重の構えで妊娠を防いでくれるのです。
そして女性にとって嬉しいのは、トリキュラーには生理周期を28日に整えようとする作用も持っているところだと思います。
生理不順に悩んでいた人ほど、妊娠による生理の遅れなのではないかと不安に思ってしまう人もいるものです。
避妊効果を得ながら生理不順まで解消出来るからこそ、インターネット上でも人気の医薬品として扱われています。
このトリキュラーを服用する際には絶対に守ってほしい事があり、それが低用量ピルだからこそ定期的な服用を忘れないという事です。
身体に対する負担は少ないですけれど、理想的な生理周期を作り出す為にも定期的な服用は欠かせません。
アフターピルの様にいきなり飲んで直ぐに作用するものだとは考えない様にしてください。
1日1錠の服用だけで済む医薬品ですし、食前と食後を選ばずに服用する事が出来ます。
なるべく決められた時間帯に服用する事が良いと言われていますが、多少は時間がズレてしまっても問題はありません。
もし飲み忘れて1日以上が経過してしまった時には、避妊効果が本当に発揮されるか分からないと考えた方が良いという説明もされています。
その時だけでも彼氏にコンドームを装着してもらうなど、違った方法での避妊を考える様にしてください。
一旦トリキュラーの服用を止めてから一週間ほど経過すれば、また同じ様に避妊目的で服用を続けられる様になります。
身体に対する負担の少ない避妊というのは、これぐらいの対処は必要なのです。

Comments are closed.